Mellow Symphony official blog

自分の写真
MUSIC AS MAGIC!! Singer Songwriter "Mellow Symphony". Welcome to Mellow Symphony's blog

2018/04/14

新しい春がきて

春がきて暖かくなる季節に
躍動的になる生命を自然から感じて
僕らもまた同じように活動が増していくのを
文明のなかで暮らしながらも
じわじわと感じている


そういえば春は昔から好きな季節だった

数年振りの日本暮らしを噛み締めて
劇的な環境の変化と共に新しい方向へ歩くことを決めて
一年ほど経つ。


友達が言っていた

日本へ帰国するとき
「最初の半年が精神的にキツい」


先日別の友達と数ヶ月ぶりに会って話している時に

「あの時のしんごは少し違っていた」
的なことを言われて気が付いたが

友達の指摘している "あの時" もよくよく思い出せば
その "最初の半年" の期間だったような気がする


自覚していた部分もあったが
気付きもしないうちに何かを内側に溜めこんでいたり
誰かが不快になるようなものを吐き出したりもしていたのだろう


自分が覚えている以上に
迷惑をかけたり
嫌な思いをさせてしまったりもしたんだろうな


きっと僕自身も日々感じてしまう違和感と
どうやって自分を納得させるのか
またどうやってその中で心地よく日々を過ごしていけるか

もがいていたんだとも思う


再会の熱は冷めて
それが日常に戻ったときに

それでも今まで通り付き合ってくれたり
新しい出会いがあったなかで
当初から変わらず付き合ってくれている人がいることを思うと

本当に有り難いことだと感じている


忘れていた日本での感覚値も少しずつ思い出してきて
また新しいものも手に入れたと思う


切符売り場でICカードの投入口に困惑しなくなったし
知らない駅でも(多少迷っていたとしても)迷った顔をせずに歩けるようになってきた

初めて会う人にあんまり握手を求めなくなったし
再会する人にハグしなくてもあんまり違和感を持たずに済むようになってきた


…まあ、それは何かを忘れていっているということかもしれないんだけど

何かを忘れてしまっても
また後で思い出せるということでもあるのかもしれない


人と人にある距離感のようなものが
それぞれにあるとしたら

その程よい感覚をつかむのに
ある程度時間が必要だったのかな


また少し疎遠になってしまった人も
ふとした瞬間に会えたらと思うし

よく会うようになった人たちは
もっと知ってこれからもよい関係を作っていけたらとも思う


4月のはじめに

新しい風を感じながら
今年も一年この国で
もっと挑戦しながら
もっとわくわくすることをして
大切な人や物事を大切にしながら暮らしていきたい


改めてそう思った

2018/03/18

いのちのまばたき

緑のコーデュロイを着て
空へと指さす

幼さを忘れた
ひたむきな二つの魂

冬の寒さが残る
慣れない街から帰る道

ルールを嫌って
新しい形を作る

いつだって枠組みには
善も悪もあると気付かずに

いつもと違うバスに乗り
いつもと違う風を感じて

失う前には
なにかを手に入れる

省みているようで
同じことを繰り返す

もう一度はないと
何度でも言いきかす

見つめ過ぎて
融けた

吹き過ぎて
渇ききった


たった一度だけ
真実の証を
胸に抱いてい
生命の瞬き


2018/03/04

この世で一番無駄なことを考える会

2018年のはじめに、ふとこんなことを考えていた。

「この世で無駄なこととはなんだろう…」


無駄遣い
無駄足
無駄骨
無駄話
無駄時間


頭に思い浮かべてもそれらはことごとく

「本当に無駄か?」
「誰かにとっては無駄じゃないかもしれない…」

とついてくる。

世の中はなかなかポジティブにあふれている
「必要悪」
という日本語すらある。

なかなかこれこそが「無駄である!」とは断定しがたい。


そこで思ったのは

この世で ”一番” 無駄なことはなんだろう?ということ。

教育…ではなさそうだし、
娯楽か?

犯罪の方が??
それは無駄とは違う?


この世で一番「誰もが認める無駄」なことがあるとして
それを見つけたらどうする?なくすべきか?
無くなさいのなら、「無駄ではない」ということか??


なんて会話を
友達としたら面白いかなって考えたんだ。



なに、酒の肴くらいにはなるかもねえ