Mellow Symphony official blog

自分の写真
MUSIC AS MAGIC!! Singer Songwriter "Mellow Symphony". Welcome to Mellow Symphony's blog

2011/09/26

高円寺でライブでした

ぐっと涼しくなりだした、東京の先週末。
そんな中、日曜日は高円寺のら犬カフェでライブでした。

盟友nojicoのバックバンドとして、サポートベーシストシンフォニーしてきました。

気心の知れた仲間との演奏でもあり、テンションあがりまくり。
ノジコは、素敵なシンガーソングライターなのであります。


大盛況にライブを終え、ボサノバ、民謡、楽しい共演者にも囲まれ、
会場だったのら犬カフェも…とても一言では言い表すのが難しいですが、とても魅力的なお店で、小さいながら、確かな!!
エネルギーが流れていました。


高円寺の持っているサブカル感みたいなのも、改めて魅力的だなと思い、
好き
と再認識。


また行こーっと。


あー、みんなの写真撮ってなかった。

とても好きな仲間たちで、またすぐに会う予定はないのに、またすぐ会うかなって気がする。

それも音楽がやっぱり繋げてくれるのですねぇ。
珍しい旧友にも会えたし、
まったくナイスなヤツだぜ、音楽!!

また!!

2011/09/21

風とロックベース牛肉多摩川音楽仲間

お腹がゆるゆる気味、しんごにーです。

濃厚な、日、過ごしてますか。
先週末、風とロック。突然の音楽仲間、
ミートザホープスの高橋”ベホイミ”ヒロキンスキーからの誘いで
フェスに行ってきました、僕らが行ったのは郡山。
毎日、会場を変えて、福島の色んなところでたっくさんのアーティストが
やっていたんですね。

僕らは、弾丸で向かったので、
たくさんのアーティストをそんなに見れたわけではないんですが。
イベントに出演しているアーティストは志があったわけで
それだけでなんかもう素晴らしい事だとも思います。
とりわけ、サンボマスターがとってもシビレました。
山口さんのアツさが。きっと福島も嬉しかったというか、鼓舞されたと思う。

僕らも少しでも、何か、お役に立ちたい。
きっと音楽の力を信じる人たちは、みんな感じたんじゃないかな。

そして、そのまま弾丸で帰り、
一緒に行った仲間のリハーサルがあり、
ちょっと覗くつもりが、ついつい邪魔してしまい、
急遽ベースで少しだけ参加することになりました。盟友nojicoのバンド。
楽しみたのしみ。

そして、月曜日は音楽仲間でバーベキュー。
ウタゲユメノゴトシ、ヒロピーが差し入れてくれた
とんでもなくうまーい牛肉で盛り上がり
ミートザホープス、クックのファニーな踊りを見て
パインズマインズ、mammoの誕生日を祝い
ワタシはみんなより一足早く、心だけ残して、
すーっかり骨抜き的にぎりぎりの状態で帰宅したのでありました。


芸術のまねごとじゃなく、人生を芸術にしたい

たまたま見た映画で、言っていました。
アートは生き様でありますな。

引き続き、日々を重ねて音楽を創り続けて行きます。


ぼ〜くらはさ〜いこ〜
(今週末、もっともみんなで繰り返したフレーズ)

ではでは、また

2011/09/14

9月11日を過ぎたので

お月さんがきれいなこの頃。皆さんいかがお過ごしでしょうか。
しんごにーです。

9月も半ば近く、11日を過ぎました
言わずもがな、9.11からの10年であり、
3.11からの半年。

メロウは何が出来るか
音楽を志すものにしてみれば、きっとにたような思いを感じたように思います。
6月まで続けていた、フリーライブ「スーパーシンガーソングライター」で集めていた義援金(写真)。
当時から、皆さんに表示していた「Think the earth基金」を利用して
改めて、先日募金しました。3089円。
ご協力ありがとうございました。

音楽をもって、何かお役に立ちたいというのは、
震災に関わらず、いつだってそう思っているところですが。
まだまだ、気持ちと力がなかなか連動しきれていないのかもしれませんね。

引き続き、日々精進。

不安な事も多々ありますが、
エネルギーを持ち続けて行きたいですね。
うおりゃーーーー!!

では、また。

2011/09/06

John Winston Ono Lennon

オノレノン
ジョンウインストン

どれもしっくり来ないですね

ジョン・レノン
あ、そうそうジョン・レノンの映画、
ジョン・レノン ニューヨークを見てきました。

恵比寿ガーデンプレイスって、きれいなところでした。
普段、恵比寿にあまり行かないので、なんかそれはそれでよかったなぁ。


はっ、
いやいや。
それよりも、ジョン・レノン ニューヨーク
ジョンですよ、じょん。
そして、ニューヨークですよ、ニューヨーク。

今年に入って、僕も行ってきたManhattan
にある、Dakota House。
そうジョン、ニューヨークですよね。うんうん。

ヨーコさんも、映画の中でジョンとの思い出を語っていましたが
改めて、完全な夫婦だったんだなぁと実感。(完璧ではないけれど、完全に夫婦ですね)

ニューヨークが、どうしてジョンを虜にしたのか
それ以外の表現者も、どうしてマンハッタンにひかれるのか
それが知りたくて、
何が最先端なのか、知りたくて行ってきたニューヨークでしたが
僕が弾丸旅行で見てきた景色とは、違う何かを
ジョンはたくさん見ていたんだろうなぁと感じました。
観念というか。

破天荒でしたが
いいミュージシャンだったんだなぁと本当によく伝わってきたし
ホント、貴重な方だったんだなぁと痛感。
改めてジョンを聴きながら、家路につきました。

きっと本人以外の誰かが、彼の歌をうたっても
本質的には、カバーは出来ない。
それくらい、僕らが知っている名曲群には、彼の真実の言葉が詰まっていて
彼の波乱万丈な人生だからこそ、体現出来るのかな、いや、
人間が先なのか、わからないですが。

とにかく本質的なカバーが出来なくても
それを無しにしても、圧倒的なメロディや響きや
音楽としての魅力がある
という。

モンスターですね。

しみじみ。
ありがとう、ジョン。
アイラブユー


深夜のカップラーメンは青春の味

今更ながら、ハウスやテクノに興味を持ち始めている
遅れ遅れの、時代追っかけ系、しんごにーです。うへへ、すみません。

でもかっこいいなぁ。
なんか深夜とか、静かなところで、ディープな音楽を聴いているのは、やはりそれはロックにしたって、繊細な、緻密な音楽が楽しませてくれるのと同様。
ミニマルなものって、そういう気持ちよさありますねぇ。

今日は、たまたまこんな時間なのだけど…


先日の健康診断でも、健康と診断され(まだ結果出てないけど、おおむね、そう)
調子ぶっこいて、昨日は、飲んだくれた衝動から
真夜中にカップラーメンを食らうという暴挙に出ました!

なんかそれって、僕が学生の頃、友達と家に泊まったりした時に
必ずやっていたような、ゼイタクな過ごし方だったなぁとふと思い出して
なんだかぐっときました。

いや。お腹的にもぐっときましたけどね。

そういうのって、なんかいいですよね。
秋のせいか、少しセンチメンタルな気分になってしまったのでした。


まだまだ雨、風が油断できない、日本列島。
台風は温帯低気圧に変わり、北上中。今度は北海道の方で大雨の可能性か…うむむ。


また書きます。