Mellow Symphony official blog

自分の写真
MUSIC AS MAGIC!! Singer Songwriter "Mellow Symphony". Welcome to Mellow Symphony's blog

2012/04/30

4月にさよなら

2012430。どんよりしていながらも、雨は降らない…そんな天気のトキオー、、
私は好きですねぇ、TOKYO。好きです。やはりたくさんの出会いを、音楽を通して繰り返しきた場所だったので。

長いこと、音楽活動の拠点として、住んで来た東京ですが。
今回、初めて住む場所が東京になくなりました。
メロウシンフォニーは、活動の拠点を海外に移すべく、挑戦してきます。
まずはカナダ有数の都市、トロントへ行きます。
何のコネクションも無ければ、もちろん向こうで活動できるかどうかすら分かりません。ただ、行くだけなので、大々的に発表するほど、実際は大した話ではないのです。
ただ、長年住み続けた東京、そこから音楽で繋がる事の出来た仲間がたくさんいます。
みんなに、ちょこーっとだけ、会いにくくなるので、その前にご報告です。

今はSNSがあれば、どこでも繋がっていられる時代ですから、そういう部分ではきっと近くに感じていられるでしょう。
ワクワクを100倍にして、引き続き創作し続けて行く。
そういう思いです。

仲間が組んでくれたイベントもあって、5月4日には、渋谷Wasted Timeで弾き語りライブもあります。
2012年のライブが、あと何回出来るのか、僕次第です。
もちろん、ちょこちょこと好評頂いているメロウの新作「WIONI」。これは引き続き買えるように準備はしていきます。
気になった方、まだ購入されていない方はぜひぜひ、お買い求め下さい。

長くなりました。
まだ、実際はサヨナラなんて、しません。
というか、サヨナラなど、もとよりないのです。

ちょっと会いにくくなるだけ。
その分、会った時に、燃える、でしょ?

また、書きます。
30.April.2012
Mellow Symphony

2012/04/28

塗り替える関係性。塗り替えられない関係性。

しんごにー。カナダ、トロントへの移動の準備をしています。
もろもろ手続きを済ませたり、
ホントね。

ダイジョブなの?向こうへ行って。
という感じですよ。

I have no idea

ただ、それ!
やってみない事には。だし、行ってみない事には。
という、何とも無計画なこのオレ!

ただ、大切にしたい事や、大切にしたい人を、大切にしたい時に、する事。
それは、逃しちゃ行けないって知ってんだ。

それ、出来るだけする事。
それ。ね。

えい、えい、おー
なのね。

今日は、実の兄貴達と、たくさんお話してきたんだ。
嬉しいんだ、兄弟であえるの。
兄貴たちはね、私のある種のお手本でもある。
いつも彼らの行動に、影響をもらって来ているんだと思うな、多分。

社会は、そこから始まっているからね。
へへへ

音楽でもない、
真面目な話をたまには一生懸命。

WIONI、ちょいちょい、音源の感想頂いています。
楽しんで頂けているようで、何よりです。

もっともっと、どしどしちょうだいね。
ではでは、また。

2012/04/26

駐車場しんふぉにー

昨日は、長い付き合いの友達。
長い事通いつめた街。

長い事、僕の生活を支えてくれた企業。

に、さよならしてきた。
会社って、すごいよね。
人間っておもしろいよね。

メロウは、駐車場好きだよん。

正しいと思う事を、一生懸命やるだけ。
いつもそれ。

ただ、何でオレ、これやってんの?って事。いっつも意識すること。
自分の行動に責任を持つって事?
というか、理由があるんだよ。
説明がつく。

その為の知識を得る事。
引き続きやっていくだけ。

2012/04/24

東新宿〜石巻。生きる。

メロウシンフォニーのバンド東京ライブファイナルを終えて、感動ひとしきり。
そのままの勢いで翌日から、ライブイン石巻。
エネルギーの共有に行く。石巻出身の友達による開催、そしてその繋がりの音楽仲間により声をかけてもらった「R」vol.1@石巻IRORI
IRORIは、石巻工房(http://ishinomaki-lab.org/)のあるところ。
その会場を借りて、持ち込みの機材達で音楽と演劇を、お届け。そのイベントを無料で開催するというイベント。
それが「R」。

石巻をただ復興するのではなく、より一層盛り上げて行く
そういう石巻2.0(http://ishinomaki2.com/)の持っているエネルギーってすんごいんだ。
みんなが当事者なんだよね。
だから、多角的なアプローチが出来るし、それらがまた融合したり出来る。


メロウは音楽仲間と、一緒に。
彼らの先導にお任せして、着いて行くような、そんな情けない状況ながらも。
パーティーの一員として、思い切り2度目の石巻を感じようとした。
もっと知ろうとした。

そして、エネルギーを共有したくて、音楽で、それを精一杯ぶつけた。

イベントを通してのみんなのツイートが、この主催者の「トゥゲッター(http://togetter.com/li/292448)」を見ると、何となくわかっておもしろいかも。


実は昨日、とてもお世話になった、尊敬する先輩の訃報が飛び込んできて。
何だかよく分からない気持ちになって。
近々、またお話を聞ける約束をしていたのに。
どうしたらいいのか、よく分からない思いになったよ。

石巻での滞在中。
女川町を見たり、石巻にある、ながはま海浜公園を見たり
海沿いにある「山」を見たり
僕らはみんな言葉を失って。
深い悲しみを、知る、事に近づいた。

誰かの持つ苦しみや悲しみ、それを全て理解したり、背負ってあげるなんて事は、人間同士で完璧に解決する事は到底難しいように僕は思うけど。

自分自身にも、そういった先輩の訃報が飛び込んできて。
もやもやしたまんま、
悲しみには色んなタイプがあるけど、
これは経験した事なくて。

少しおかしいかも知れないけど、帰ってきたばかりの石巻の絵が浮かんだ。
自然と泣きたくなるような悲しみの景色の中で、
そこにとてつもない程にたくましく立ち向かって行く石巻2.0のエネルギー。


谷川俊太郎さんの「生きる」という詩を思い出す。


魂、肉体
それらは、何も約束されたものがなくて、運命や神様の介在も含めて、
予期せぬところで、僕らの理解し得ない仕組みで、突然のように終わったり、形を変えたりする事があるんだ。
今、存在している事に
だからこそ、注ぎ込む必要があるんだ、と。

今日もまた、いきましょう。
そして、尊敬する魂に、安らかな眠りを祈ります。

2012/04/21

20120420 LIVE at Tokyo(真昼の月夜の太陽)

しんごにーです。
夕べ、ブログを書く前にこたつでくたばっていました…

昨晩は、メロウシンフォニーライブ@東新宿 真昼の月夜の太陽でした。
駆けつけてくれたお客さん、そして新作WIONIを手にしてくれた皆さん、本当にありがとうございました。

セットリストはコチラ。
1 CALM DOWN
2 Full moon Coffee
3 notebook
4 You make it better
5 エンゲージ
6 地下室にて

--encore--
Sug

共演者も含め、環境が素晴らしかったというのもあってか、
とてもグッときた夜になりました。
もちろん、来てくれた皆のおかげさまさまなのですが。

楽しくってしょうがない、そんな瞬間でした。

メロウのバンドセットでのライブが、東京で行われる事はしばらく無いですが、
それにしてもアンコールまで頂いて。
サポートメンバーの素晴らしいパフォーマンスもそうですが、
「WIONI」が皆さんに喜んでもらえているんだなぁ、という一つの実感。
メロウはとても幸せでございます。

ライブの感想、音源の感想もまたたくさん聞かせて欲しいな。

お世話になった真昼の月〜の古沢さん。
それから夕べ、最高のパフォーマンスをしてくれた
桃園 大地
mammo(from パインズマインズ)
高橋"ベホイミ"ヒロキンスキー(from ミートザホープス)
松野 恭平(Tokyo Common Sense)

彼らの動向もぜひ、追いかけてみて下さい。
きっと皆の日々を、何か、ちょっとでも素敵にしてくれるキッカケを持っていると思います。

さて、今日〜明日と、メロウは石巻に行ってきます。
素晴らしい仲間と、石巻と、音楽を使って、エネルギーを共有し、還元してこようと思います。
やっぱりMUSIC IS MAGIC。音楽って魔法だよね。

またお会い出来れば、追加公演としてお話頂いた5月4日 Wasted Timeでお会いしましょう。メロウも弾き語りで参加します。

2012/04/19

そして「WIONI」発売開始

メロウシンフォニーの4th アルバム「WIONI(ワイオナイ)」が無事、4/18発売開始となりました。
力を貸してくれた皆さんに、この場を借りてお礼を申し上げると同時に、これから手に取って頂く皆さんに、末永く愛してもらいたく、よりたくさんの人々に聴いてもらえるよう、たくさんのキッカケを作って行きたいと思います。

デザインを担当してくれたキッサンはもちろん。
演奏で参加してくれたサポートメンバー。ももりょう(from rabuka)、松野 恭平(Tokyo Common Sense)、桃園 大地、石井 "チャーリー"千智、それから相談に乗ってくれた仲間も。

レコーディングの過程や、決定事項は、結局は自分で決断を繰り返していきながらも、たくさんの人々のサポートがあってこそ、仕上げる事が出来た充実の1枚だと思います。

思い出を辿ると。
何より、主な制作の期間が「2011年」にあった事が、今作に大きく影響しているように思います。

僕は日本人であり。
それを強く意識する一年間でした。

そして、今作は日本人である事を、僕なりに深く感じた事に因り生まれた部分が大きく出ています。それはデザインのアプローチにも特に反映されています。

僕はいつもアルバムに、名前をつけます。
それはタイトルというよりは、名前。自分の作品を我が分身と見立てた時に、その存在に、固有名詞をつけたいといつも思うからです。
今作WIONIの一部には。ONI、つまり鬼。という部分を少しイメージしています。

僕が強く興味をひかれた、日本文化の一つ、鬼文化。
決して象徴的なものとは思っていませんが、世界と変わらぬ、日本なりの著しく偏ったというか、日本人が独自に持ち続けている感覚の中にも、鬼は、存在すると僕は思います。

聴いてくれる皆さんの中の、日本、とは一体どんなイメージでしょうか。
ぜひ、聞いてみたいです。

2012/04/18

いよいよ今週末メロウライブ!!

昨晩はメロウリハでした。前回のリハーサル風景を、アプリで動画に収めてみたところ、なかなか好評だったので今回もやりたかったのですが。
今日はなんだかアプリをうまく扱えず、映像として残せませんでした。
ざーんねん
でも、こうしてライブの日程が近づくにつれて、気持ちもあがってみんなともいよいよだな!という心の準備が、僕自身出来てきたように感じます。

さあーて、ライブが楽しみだぞー

まだまだご予約間に合いますので、お気軽にお問合せ下さいねっ!!

2012/04/14

WIONIの全貌(セットリスト)

もうすぐ、本当にもうすぐ来週中に発売開始となる、メロウシンフォニー渾身の4th Album「WIONI(ワイオナイ)」ですが。
発売も間近に迫ってきて、有り難い事にWEBのCD FORMからご予約なども頂いています。
前回のブログでジャケ写も公開となりましたし、ちょっと、ここらで全貌を明らかにしておきたいと思います。
WIONI /GOMR-006
¥1500(tax in)
セットリストは以下。

1 CALM DOWN
2 LOVE MUSIC
3 MCF
4 Full moon Coffee
5 AS
6 Seven
7 Sug
8 Talk too much
9 ナナ
10 You make it better
11 Kabe
12 Pale
13 YOUCO
14 empty
15 何もない部屋
16 Lullaby of Bubble
17 page
18 notebook
19 none
20 エンゲージ

配信もしますが、やっぱり音楽はまず、CDで手に取って味わって欲しいっ!
という事で更に、CD購入者特典として、今、ちょっとしたプレゼントを用意中です。
お楽しみに。
ご予約は「mellowsymphony.net」の注文用メールフォーム、または「mellowsymphony@gmail.com」へ直接お問合せ下さい。


2012/04/10

アルバム制作を振り返りつつジャケット公開


WIONI(ワイオナイ)のジャケット


さて、春っぽい感じ満載の、季節昨今。
アルバムの完成を待ちつつ、制作過程を振り返って見たりしましょう。
今作は、WIONI(ワイオナイ)という名前を付けました。
ワイオナイには、とても強い子になってもらいたいという願いを込めています。
それは日本人として、今、感じているような感覚。それから僕が感じているような、ここ数年の感覚を、詰め込んでいたように思います。
自分の手を離れて、ようやく少し達観してみることが出来るというか。
正直そんなにまだ手も離れてはいないですが、制作の時期よりも少し時間を置いて、やっと見えてきた作品性が、結果的に当時の自分の感覚が、とても反映されているかもしれない、と改めて感じました。
それにつけても自分自身が、技術的な側面では、なかなか思うように行かない状態から、出来るだけセルフプロデュースに挑戦した作品だったので。
産みの苦しみ…というか、特に技術的なジレンマはたくさん感じました。
だからこそ、時間もかかったけど、回数を重ねながら技術的にも少しずつ向上していく自分を見ながら、その中でも葛藤を感じつつ、積み上げるアプローチの数々。
格闘の中に、充実した期間を経ていました(サイヤ人みたい)。

細かいアプローチの話はさておき、出来上がりを前にして、一度目の完成を見つつ、商品としての完成を待つのも、親の気持ち…とはいくらか違うでしょうが、楽しみで、怖くて、でも無事に誕生してくれたらいいな、という願いが、混在している。
そういう感覚で、今は制作の時期を見つめ直しています。

僕にとって、作品をうみ出す時。アウトオブコントロールの感覚は、やはりいつもある、そういうものでした。
だからこそ、嬉しい、というか。魅力的なのかもしれません。

何度かに分けて、制作を振り返ってみたいと思います。
とりあえず、今回は「作品が出来上がって、今のお気持ちは」という感じでした。

2012/04/05

わちゃわちゃしてる

あたふた。
あれの入稿とー、これの入金とー、それの見積もりとー、あとあれの予約とー、連絡とー、準備とー、買い物とー

わたわたしてるぜっ


は、春だぜっ!!


ホントは、アルバムの準備が一段落したので、制作後記的なものを、ゆっくりブログに書こうとしているのが。

取り急ぎ、バタバタしてることだけを、お伝えします!

はるだね、春。

ツイッターでも報告した通り、4th album「WIONI」無事、音締めしまして。
次回のライブ4月20日に、なんとか間に合いそうです!!
期待して欲しいところです!
ちなみに私は、ワクワクです!!
また、報告します。

春っぽいものを写真におさめました。

2012/04/01

新作「WIONI」の首根っこを捕まえて引っ張り出す

ニューアルバム「WIONI(ワイオナイ)」に向けて
いよいよ、もうぎりっぎりのところで作業を進めています。
もう作業終わらせなくちゃいかん時期ですよ、とうにね。

4月20日のライブまでには発売をしていたいので、なんとかかんとか…

いやー、難産なのです。ワイオナイ。
それにしても。

音だけでもかなり、今までになく、セルフで頑張ってみているのでその分、悪戦苦闘。一体何戦繰り広げている事か。数え切れないです。えぇ、そりゃもう。

考えてみれば当たり前だけどね。
きっとプロフェッショナルの人々は、もっと僕なんかよりもーっっとたくさん戦いまくってきているんだものね。
そこに少しでも追いつくには、そりゃ、いばらの道があって当然なのであります。

今回は、デザインにきっさんという仲間に参加してもらっています。
もともと音楽仲間のうちの一人として、知り合ったんだけど。
本業は、グラフィック等のデザイン、という事で。ジャケ等に関して、悩みまくっていた時期になんかちょいと相談してみたら、快諾してくれて。

また、とてもアツい男なのです。ナイスガイなのです。

きっさんの人間力によって、僕の推進力がどれだけ増した事か。
壁にぶち当たっては、立ち止まり、もがいて、うにゃうにゃほーってなって、苦しんでましたが。

きっさんのおかげもあって、またTokyo Common Senseこと、マッツノーのおかげもあって、どうにかこうにか、もう少しで
完成です

今日は、祈りながら眠るとします。
いや、仮眠します。

なかなかね。普段から、これくらいガッツリやっている習慣が必要よ、しんごにー。ほんと。一体ワタシは、昨日の何時から、この作業やっとることか…
あいやぁ
反省点も多々ありますが。
とにかく今は

完成

させたい


ただ、それだけ。
むにゃ