Mellow Symphony official blog

自分の写真
MUSIC AS MAGIC!! Singer Songwriter "Mellow Symphony". Welcome to Mellow Symphony's blog

2013/04/30

うわさ…ですか。

くしゃみが連続しています。
昨日の夜と今朝、連続で雨に降られたから…ですかね?

季節の変わり目の風邪は気をつけたいですね。
5、6年前くらいまでかな。季節の変わり目に、よく風邪をひいていました。

なんか、ちょっと運動してみたり、うがいとか手洗いが癖になるくらいしていたり、そんな生活をするようにしていたら、少しずつ風邪をひく事が少なくなってきていました。去年まで。

トロントに来たら、やはり、はじめてのこの、寒暖差のせいなのか。湿度が違うからなのか。
僕の身体もびっくりして、やれ、あちこち痒くなったりだの…、なんだかんだで、風邪も夏にも、秋にも…冬にも?ひいています。だんだん、症状が軽くなってきているような気もしますが。
夏の終わり、最初にひいたやつが一番長かったかな。2〜3週間くらい治るまで、時間がかかった気が…まぁ、とにかく気をつけたいですね。

最近のメロウは、というと。
引き続き、レコーディングをすすめています。次の作品は、ミニアルバムくらいのサイズになるかもしれないですね。まだ、全体像は見えませんが、今年中には何が何でもリリースしたいと考えています。

そして、引き続き映像作品。WIONIの連続キャンペーン中。
加えて、先日は、1月にリリースした「歓喜の歌(Song of Joy)」のミュージックヴィデオの1000回視聴を記念して、NG集?いやいや、カット集的なものをリリースしました。
これはもう、エディットをしてくれたYoki氏のセンスを感じずにいられないですね。彼がドキュメンタリーの類いの映画を好きだったりするのも、何か影響しているのでしょうか。
この、構成がとても楽しめる流れ…というのか。

元のミュージックビデオを見ている人には、Behind the Scenesの映像は、とても伝わってくるし、面白味がきっと分かって頂けると思います。僕も何回も見ては笑ってしまいました。

まだの方は、ぜひぜひ見て見て下さいね。
そして、いつもながら、フェースブックや、ツイッターYouTube上でももちろん。皆さんの感想や、イイネ!シェア、拡散!などなど。もちろん、音源をネット販売から手に入れて頂けるのも何よりなのですが、そうして、共有してもらえるだけでも、とんでもなくメロウの励みになります。ので、今後ともご協力お願いいたします。

ではでは、また書きます!

2013/04/28

桜を見つめる時の気持ち

まったくもって、今日も日本人。である。

「歓喜の歌」のMV撮影のロケ地としても使った公園。ハイパーク。
でかい、公園だ。

今日は、今までになく春らしい?つまり、天気も良く、風も強すぎず、気温も20℃弱くらいまで上がり。外で過ごしやすい気候だったので、自転車で行ってみる事にした。

僕の家からだと、片道、おおよそ1時間くらいの距離だ。自転車で行く場合。

途中、最近気になっている「ウクレレ」を見るために、2件の楽器屋さんをハシゴした。あわよくば、買ってそのまま公園に持っていて、練習しよかなくらいに考えていたのだが、そんなに、即決出来るほど勇気のあるやつじゃなかったかもしれない。

2件の楽器屋さんを見るだけ見て、何も買わずにすっと去った…


公園について、桜の木があるエリアに行くと、花見的な事をしている風の方々がいた。アジア系のひとも中にはいるようだ。

まだまだつぼみの段階ではあったが、確かに今にも咲きそうになっているので、写真にとったりしていた。
日本人が桜の木を眺める時、というのは、何だか他の国の人々が持たないような感覚で接しているんじゃないかと思う。

なんだろう、神道の影響か何かだろうか。
そんな事を考えながらも、いい写真ないかなと探す僕。

そんな私が、今日も日本人。

2013/04/24

哲学してる

我々、日本人は「日本語」という言葉をずーーーーーっと使って来たから、もはや、意図的に間違えた(正しくない)話法を使ったりする事がある。いわゆる、崩し、というか。そうやって楽しんで、新しい言葉がこれまでにも沢山生まれて来たと思う。
僕も、自分が話す言葉の中に、(正しい意味や、語源を考えたりするところから派生して)崩したりして、遊んで使ったりする事がある。

崩し過ぎて、正しく使おうとすると返って難しくなったりしてね。
英語でそれをするには、なかなか遠い。まだまだまだまだ遠い。そんな事を日々感じてしまうのは、少なくとも今のところ不可避なのだけれども。

それはそうと、日本に居る時。というか、数年前まで。僕は長く付き合ってきた親しい友人と、数ヶ月ぶりに再会する時、「どう?最近。哲学してる?」と尋ねたりしていた事があった。
これを尋ねる相手は、ごくごく僅かだった。
そういう相手とは、よく会う度に、ながーーーーーく話した事があったり、お互いがとても考え込むタイプだったり。
再会するまでの間に、お互いがそれぞれ経験値を積みながら、ようやく、当時の視点よりも少し視野が広がって、周囲が見えるようになってきて、それを分析してみたところ…どうやらこんな様子だ!
という事を、お互い発表し合ったりしていた…。

僕はホントに、誰かとそういう話をよくしていた。

そして、それを最近していない事に気が付いた。

それどころか、自分自身が哲学してるか?という事も不安になるほど。
いや、…考えてはいる。相変わらず、考えやすいやつだ。僕というやつは。それは変わりない。

それをぶつけ合ったり、お互いの見解を言い合ったりする機会が減ったんだと思う。
なんで?

分からぬ。
でも、それは必要だと思う。
そうする事で、いつもお互いを高め合ったり、確認したり、理解したり、強くしたり、傷付けたり、励ましたり…そういう風にしてきた気がする。

そういうのを必要としている人が周りに少ないのかな?
自分がそういう事を考えなくなったのかな。
いずれにせよ、実現するには、誰かとの密度の高い時間が必要だよね。


今、これを書いている事も、ある種の、自分哲学だけどね。
次あったら、たくさん話そう?
ましてや、あの頃よりも進化しているツールがたくさんあるんだから。たまには、会わなくたって、沢山話そう。


そんな事を感じた、今日この頃。

2013/04/21

出会いはきっと多い方がいい

来るものを時には拒み、
去るものを時には追う。あまのじゃく。

それでも、離れて行く人は、離れてしまうし。
それでも、なんか近くに居る人もいる。そんな事もある。

人は出会いを繰り返し、
出会いの中で学びを得たりして、形を作っていくんでしょうね。

新しい出会いは多い方がいいんだろうね、きっと。
でもたまにはそんな事に疲れたりもするだろうけど、そこでまた一つ自分の中で出来上がるものがあって。

んで、それをまた壊すのさ。

何度でも、壊すのさ。

今、壊せない自分の中のソレも、
なかなかガチガチしているんだけど、
ちゃんと壊してあげようと思う。


愛が育って行くようにね。

2013/04/19

「WIONI」キャンペーン始まりました!

せーのっ
Happy Birthday WIONI〜

という事で、4th album「WIONI」が発売開始となってから、丸一年経ちました。
一年間にどれだけの音楽作品が、世に出て、そして、皆さんがその中からどれだれの音楽を手に取って、実際に耳にしているか。そう考えると、その数がどんどん減って来ている可能性があるこのご時世に、WIONIを聴いた事がある!というあなた!とても貴重な出会いですね、それは。
とても嬉しく思います。

自らの作品を、我が子のように。
という事で。アルバムには毎回新しい名前を授けてきたわけですが。今作「WIONI」は特別、僕が東京を離れて、今居るここトロントに来るための、大きなステップとなった作品です。

そんなWIONIが、一周年ということで、前作「歓喜の歌」で協力してもらったYoki Watanabe、Yuki Uemura、Mariko Kawanoの三人に再度協力を頂き、今回のキャンペーンとなりました。
アルバムに収録されている歌。(歌無しのトラックを除く)全15曲を、殆ど打ち合わせもせず、生演奏を撮影しました!

そして今回の企画で、トロントの街中のいろーんなところに行っては、メロウシンフォニーは歌っています。映像を通して、音楽と自然、風景、街並、人々が重なる瞬間に、WIONIの違った楽しみ方、新しい発見。それから、リスナーの皆さんそれぞれの思いに関する発見があるかもしれません。
そんな瞬間が生まれたら、大成功です。

ぜひぜひ、ツイッターやフェースブックで、皆さんの感想を聞かせて下さい。
さぁ、それでは今日からキャンペーン終了まで、ガンガン映像がアップされますからね。お楽しみに〜

では、コチラからどうぞ。

2013/04/16

映像としんふぉにー

昨年リリースした4th album「WIONI(ワイオナイ)」キャンペーンの撮影が一段落しました。
鬼くん(マスクの事)もとても疲れたようで、裏地から新聞紙がちょっとはみ出したりしています。

撮りたかった曲たちを、一通り撮って来ることが出来ました。
撮影に全面協力してくれた、Yoki Watanabeに感謝です。今回は二週間前後の日程の中、彼とトロントのダウンタウンにあるいろーーんなところを、自転車で行ったり来たりして撮影してきました。
暖かくなりそうでならないトロントの寒空の下、しかも湖際は風がとんでもなくびゅいんびゅいん吹いていたので、二人はよく鼻をずびずびさせていました。
色々周り過ぎて頭がおかしくなってしまったのか、Yokiは後半、「この撮影は、メロウの街歩き的なもの」みたいな事まで言い出して来る始末でした。笑

とにかくそれくらい、ぶらぶらしている中、面白そうな場所を見つけては…みたいな事を、この撮影の期間中にたくさん試していました。
そして、このアプローチは日本よりもフレンドリーな気質の人がたくさんいるトロントではおもしろい偶然が起きたようにも思います。
とりあえず、何か面白そうなものがあったら、近付いてきます。彼らは。
日本人も面白そうなものがあったら見る、という気質はもちろんあるでしょうが。遠巻きで見るとか、写真撮るとか、そういう方が多いかもしれません。
が、彼らは、平気で近くに来るし、場合によっては話しかけてくるし、何ならカメラに映り込んで来たりもします。笑

今日は、小さい女の子が鬼の面を持って行こうとしていました。
そんなハプニングも織り交ぜた(演奏のハプニングもちょっとあるかも?)映像作品が、もうすぐ発表出来ると思います。
去年の今頃発売した「WIONI」の違った楽しみ方、また、まだ音源を聞いた事がない方は、一つの聞いてみるキッカケになれば嬉しいです。「WIONI」はコチラから視聴も出来ます。

ではでは、また書きます。

スターバックスでYeah Yeah Yeah

Wow Wow Woah
失礼、言ってみただけです。

書きたいこと、考えたいこと、報告したいこと
つらつらと溜まってゆきます。
こりゃ、いかん。

昨日は、トロントのダウンタウン内の一角にあるスターバックスで歌ってきました。

Set List
1. Sunday Morning (Cover)
2. Starting Over (Cover)
3. 何もない部屋
4. 片想いのタップダンス
5. You make it better
6. Shooting Star (Cover)
7. feather

でした。
スターバックスは日本に居る時にも行っていましたが、よくよく考えたら日本では大体コーヒーか…たまに紅茶系…
昨日はね、珍しくチャイティーとか飲んでみたりして。(あ、ティーではありますが)

でも、日本のスターバックスで演奏したことはなかったなぁ、誰かの家のリビングに来ているような居心地の良さがありました。色んな人が居てシェアハウスみたいな。
パソコン開いていたり(フリーのWiFiもあるしね)、おしゃべりしたり、勉強したり…そんな風に過ごしている人たちがいて。そん中のBGMになってきたような。そんな感じ。

楽しく歌ってこれたので、その中から一曲。カバー曲をアップしました。
Owl City「Shooting Star(Cover)」http://youtu.be/HQyIM703QAY


そして昨日は更にその後、Yoki氏と撮影に行ってきました。
いい場所みっけてね。ふっふっふ。なんか、橋なんだけど。いい感じだったよ。

引き続き4th album「WIONI」の一周年に向けて、ちょっと楽しもうかなと準備中なのです。昨日も、さむさむさむさむ言いながら、何とか撮影を終えて、帰路。帰り道は三日月がキレイだったな。

また、書きます。

2013/04/10

Ho Ho Ho 春のリリースきゃんぽえーん

これは、現実の話。である。
(先日のニセキャンペーンを読んでくれた方々の為に、念のため。)

この春。
いい感じの春。
日本の桜はこの4月の頭には殆ど終わっている春。

Mellow Symphonyの盟友とも呼べる2アーティストのリリースがあるので、たまにはそういう話をしよう。

nojico(http://soundnoji.exblog.jp/)

彼女は、もう、なんと言うかとてもエネルギーのある女性です。
そして、僕なんかがどうこう言えるスケールではないほどの、暖かくて、優しくて、はにかんだ、内気な、それでいてオープンな、情熱的な、愛情です。
そういうエネルギーを持っている不思議な、数少ない不思議な、女性です。
シンガーソングライターとしてのnojicoのエネルギーと、コラボレーションした1曲が収録されたニューアルバムが新作にあります。
僕は、半プロデューサー的に、且つ半プレイヤー的に、レコーディングエンジニア的に、一曲参加しています。
彼女の愛情はとっても好きで、食べちゃいたいくらい(おっと、失礼。語弊が…)素晴らしい愛の結晶を、アルバムに投影している事でしょう(まだ全部聞いていないんだけど)。
今月リリース「36.2℃」。6月には日本全国で手に入れる事が出来るそうです。皆様。ぜひ、聴いてみて下さい。

そして、もう一組。
サンゼン(http://sui-renn.com/sanzen/)
盟友サンゼン。このバンドが東京は下北沢でライブをやり始めた頃に、縁あってメロウも同じ場に出くわしたりなんかして。お互いのイベントに出たり、なんじゃいこーじゃい続いています。ボーカル小沢くんの歌声と、歌詞。それに加えて、ありそうでなかなか無いメロディセンス、少し湿っていて、だけどなんかあったかいような、例えるならば、「優しい雨」みたいな感じに近いかもしれません。
そういうサウンド。
来月5月に発売となるアルバム「かさねる」より、リードトラック「まぶた」が今、YouTubeで公開されています。
メロウは、その「まぶた」にアレンジャー的な、アドバイザー的な、ギタリストとして参加しています。「まぶた(http://youtu.be/OGA06sTDf-Q)」
小沢くんのメロディとちょっとふわっとしたサンゼン的なサウンドが(基本的には人間はとてもしっかりした方々なんだけど)惜しみなく引き出されている曲です。
ぜひ、アルバムと共に聴いてみて下さい。


メロウが関わった2アーティストが、同時期に、しかも僕も好きな春に、新作リリースだなんて、なんだか嬉しいな。
僕も、夏までを目処に、今レコーディングしている新作をリリースしたいなと考えています。
ひやぁ、それではまた、書きます。

2013/04/09

風にも負けず寒さにも負けず

しかし、テクノロジーには負ける…?

いえ、昨日は引き続き撮影を行ってきました。
幸運にも天気が良く、さーらーに、気温が10℃前後まであがった!という事で、半袖で歩き回る人がいたり、上半身裸の人が(昨日のロケ地が湖際だったのもあり)いたり、すっかり暖かくなってきて…いたのですが…
いかんせん、風がとんでもなく、びゅーびゅーでして。(風が強いと体感温度がぐっと下がるのです、とろんと)

録音をするのに、強風はいかんですねぇ…
録っている音に、もう、ぶぁっさぶぁさと音が入ってしまして。Yokiと二人で、あーだこーだ言いながら、どうにか撮影出来ないか…とやってみたものの、諸々ハプニングに見舞われ、NGもお互いにちょこちょこ発生。

それでも昨日は、3カ所。湖際とそれから、高さのあるところへ行って撮影してきました。友達が住んでいるコンドミニアム(まぁ、マンションですね)の、屋上へ行ってきたりして。

しかしギリギリの季節ですねぇ。ホント。徹底的に寒い訳でもなく、屋外で演奏するのに適している温度…でもなく。みたいな。一周年の為とは言え、なかなか昨日は鼻をずびずび言わせながら、昨日は自転車でトロントの南端のエリアを西へ東へ駆け回っていました。

撮影の後に、友達と3人で、食事をしながらあれやこれや語っていました。
男同士の語らい。ショートフィルム…短編映画について。それから、人権、科学、天体、哲学、宗教、世界の不思議について。。。ははは、興味深い、濃密な時間でした。
関係ないけど、今月はブラックデーというのがあるとか?知っていましたか?バレンタイン、ホワイトデー、ブラックデー。バレンタインとホワイトデーに縁遠かった人達が、代わりにブラックデーに、ジャージャー麺を食べるんだって。はは、おもしろいね。(韓国の文化だとか)


ともかく、後で家に帰ってからその日の成果を確認したら…、録音したはずのテイクが…なんかちゃんと録れていない!!??うむむ。。。おのれ、テクノロジー!!(と言いつつ、全ては自分のミスであったと認識せざるを得ないのでした…)

まけるなーうぅー
(というか、イージーなミスをするなぁ〜〜おれ〜〜〜)

2013/04/06

撮影さつえい〜

メロウです。

新年度に入った!という感じが、まーーーーーーったくしません。驚くほど。
そりゃそうでしょう。と言われれば、そうなのかもしれないのですが。日本くらいなんですかね、4月から切り替え!みたいなのって。

欧米じゃ、9月とかそこら辺が切り替えの時期だからか、特に新しくこれから!という雰囲気がここ数日のトロントには、全然流れておりませぬ。1週間くらい経ったけど。別に。日本の場合は、桜も咲いたり、気温もあがったり、自然現象も手伝って、なんか、それ!って感じが出ますよね。

トロントも、早く桜咲かないかなぁとか考えたりしています。でも5月前後みたい。(日本の桜がトロントの公園で見れるのだそうです)

そう、それはそうと。そんなトロントの気配とは関係なしに、最近ですが。メロウは撮影をしています。屋外で。
これは、去年の4月にリリースされたアルバム「WIONI(ワイオナイ)」の発売一周年も兼ねて、トロントのあちらこちらで、ゲリラロケを敢行しているわけですねぇ。
撮影は、歓喜の歌に引き続き、ディレクターとしてYoki Watanabeに全面協力してもらいつつ。なんか、街中で突然やるので、予期せぬハプニングが起こりうる…というそれを楽しんでみようという心持ちでもやっているので、メロウ的にもどんな風になるか、毎回結構楽しみなのです。(あと、怒られたりしないかなぁ…とか)
あと、ちょっと寒いので。毎回、気温を気にしています。今日は暖かいといいなぁとか。ヒートテック履いた方がいいかなぁとか。笑

少しラフな感じで、リラックスして撮影しながら、ちょっとずつ良いものが撮れたらお見せ出来ればと考えています。
お楽しみに!

そう。そんな情報も、新しくツイッターの公式アカウントを作ったので、そちらに更新して行く予定です。ぜひぜひ、フォローして下さいね。
https://twitter.com/Mellow_Symphony(

では、また。


2013/04/03

4月になりました。近況。

想田監督の、とんでもない「観察映画」を立て続けに2本見て以来、ちょっと頭の中がどよどよとしていました。
うーん、映画ってすごい。

そして、最初に見た映画「Peace」は感想をたっぷり書いたくせに、二本目の「演劇2」については書いていない…というね。
これ、内容が濃過ぎて、全然僕の中でまとまっていないんでしょうね。多分。
早い話が、平田オリザさん…というとんでもない策士の存在を知って、その素晴らしい才能についてもっと知りたくなった…と。一先ずはそれですね。

そして、3月の最終週から始まったメロウの最近のプロジェクトですが。
今、映像作品を作ろうとしています。

これはですね、前回「歓喜の歌」に引き続きYoki Watanabe全面協力してもらうカタチなのですが、…うーんと、具体的にはまだ伏せておきましょう。
とにかく、これは。WIONIがもうすぐ一周年を迎えるという事で、それに関したキャンペーンです。WIONIをもう持っている人には、更に楽しんでもらえるような…持っていない人は…聞いてみたくなるような?(うん、そういうもんだよね、そもそも)


そして、同時進行で新作音源に向けて、準備をしています。
これは、どんなことになるでしょう…まだまだ準備段階かな。

早くみんなに聞かせたいなぁ。大体、いつもこの準備段階でわくわくし過ぎてしまって、時間がかかる…ので、これは油断せず、進めて行きたいと思います。

んで、3月末は、イースターでしたね。日本にいる時は、縁遠い響きでしたが、キリスト様の死んだ日と復活した日を含んだ休日という事で、クリスチャンの方々からすれば、クリスマスの次くらいの勢いで、大事な日だとかそうじゃないとか?
日本は割と、さらっと行くよね?春の年度末と重なってしまうからかな…。

まぁ、いいや。
そして、エイプリルフールはさらっと過ぎて行き…今日はOZを見て来たんです…
一先ず…そんな感じ。

あぁ、何だかまとまりが悪い!


新しい映像の事もそうですが、また、近々書きますっっ。