Mellow Symphony official blog

自分の写真
MUSIC AS MAGIC!! Singer Songwriter "Mellow Symphony". Welcome to Mellow Symphony's blog

2014/08/24

愛国心

愛国心とは、なんだろか。
必要か、不要か。あった方がいいか。無いと恥ずかしいものか。

あると、どんな風になるか。

トロントに来る前の一年間。僕は日本の色んな土地を回ったりした。日本を旅立つ前に、日本のこと、自国の事をもっと知りたくて、神道の本読んでみたり、神社仏閣行ってみたり。
全然十分じゃなかったし、日本に溢れる様々な「文化」などは十分に体感出来なかったように思う。

文化、ね。

例えばカナダでは、ほんっとによく国旗を見る。市内でも…というか、あれはダウンタウンに市庁舎があるからかもしれないけど、国旗が高い位置でバサバサ風になびいているし。
街のショップでも、「I LOVE CANADA」みたいなデザインの洋服とか様々なグッズも沢山みる。色も当然カナダの国旗と似たような配色(偶然にも我が国と同じ紅白です)でデザインされていたり。
郊外ではどでかい、人間くらいの尺の旗が高々と掲揚されている。んで、それもばっさばさと風になびいてる。
ちょっと別の州に行けば、今度は州の旗が一緒に掲げられていたりして。

日本人の子供で、現地の保育園に通っている子に会った時「カナダ国歌」を彼がゴキゲンでうたっていた。聞けば、保育園で毎日歌っているのだとか。

(君が代って保育園の時、毎日口ずさんだっけ…)

僕はそれらの瞬間に、彼ら、カナダ国家の刷り込み的愛国心の育成のようなものを感じる。

ラジオから流れる言葉の節々とか。「⚪︎⚪︎⚪︎、CANADA!」みたいに。いちいち、なんかきゃなぁだぁ!(ドヤ顔)みたいに最後に言っている(ように感じる)。もちろん、別にドヤ顔しているかどうかは問題ないんだけど。
カナダの番組観ていて、最後にきゃなぁだぁ!って、いるか?いや、分かってますけど?みたいになるっていうか。
逆に日本が、「番組○○を、日本の東京からお送りしました!」とはあまり言わないように思う。
地方は地方で、県名とか、東京、大阪みたいな都市名が番組やらTV局の名前に入ってるのはもちろんあるけどね。

カナディアンは、果たしてどれくらい自国のことを知っていて、自国のことを好きだと思っているのか、はたまた興味を持っているか。

政治や宗教観など、割と僕が知り合ったカナディアンはよく知っていたように思う。

日本人が「日本ってすごい」みたいに言う時と、カナダのそういうところとは、何か違う気がする。

似ている部分もあるとは思うけど。「日本人のこういうところって世界的にすごいんだぜ!」みたいなのは、カナディアンからは(カナダ人バージョンを)聞いたことがない。そういった取り立て方をしている記事も見たことがない。


「日本の良いところって何か」と話した時に、「日本は四季があって、それぞれの季節をお祝いをします。」と言っていた人が居たが、その衝撃をまだ僕は覚えている。

そんな人もまた、日本は便利だ。住みよいとか、日本のご飯が世界一だとか、言うのだろか。


愛国心とはなんぞや。

2014/08/15

8GB

I noticed that there's something wrong with my laptop when I recorded my music today.

A storage of my laptop is 8GB left...
8?????????
What the heck...?!

I need at least 13GB to download new software for recording.

To have a good quality of PC is important for home recording. Mine is quite old.
I know I should have iMac or something. I clearly should have desktop, not laptop, to record and edit music.
It's too small, too slow, too heavy.

And, there's just 8GB left?
What am I gonna do? 
I will need some softwares for DTM, obviously.

My concern is not only this.
What if my laptop is broken suddenly? Because it's old one.

Oh...it's scary to think about it...


I'm still working my new music with this PC.

2014/08/13

夕日の写真が増えた?

トロントに着てから夕日の写真を撮る機会が増えたように思う。
トロントの夕日が特別綺麗なのだろうか、それともたまたま綺麗な夕日を眺める機会が多いのか、はたまた生活スタイルがそういう時間帯(午後4時〜10時くらい)にたまたま外にいることが多いのか。

トロントの夏は10時(22時ね)くらいまで明るい。まぁ、10時くらいが大体夕方って感じかな。
冬季になると、ぐっと早くなって4時前後にはもう暗い。

高い建物が東京にいた頃と比べてあまりにも少ない、というのも大きくあると思う。ビル群に囲まれていたらなかなか見えないもんなぁ。

美しい夕日に出くわしては、「今日もきれいだなぁ、とろんろ。」などとぼうっと言ってみたりして、少しでも今の瞬間を噛み締めてみたりするのだ。

2014/08/03

ひと月

ひと月も更新をお休みしてしまった。

最近は、ブログを読む方にばかりまわっていた。
気になること、興味深そうなもの、といっても僕の場合はSNSなどを使って誰かがシェアしているものや、BLOGOSなんかに上がってくるものを少し読んだりしている程度だけど。
いいじゃない、ねぇ。

なんというか、興味深いよ。人が干渉していない文章とかって。なかには興味深いものもたくさんあるよ。

先週くらいからひいていた風邪により、喉の健康についてしばらく戦っていた一週間であった。お酒も控えたり。

そんな中、先日なかなかオモシロイ夢を見た。
あれは、日本だったように思う。日本の古民家みたいな雰囲気の、ちょっと低めの二階建ての家が坂の上にあって。あれ、居酒屋だったのかなぁ。濃い木の色とニスを塗ったみたいなつややかな床。二階まで吹き抜けている大きな部屋ひとつが中央にあって、土間みたいな玄関部分もあった気がするんだけど。僕はなぜか裏口から入って、多分夢の途中でどこかへ行っていたんだと思う。そこからの道すがら後方の入口から、それもちょっと頭を屈めて入るような引き戸のところから入って。
舞台を鑑賞したんだよね。演劇。居酒屋全体を使った演劇みたいな。
劇団かなんかが演劇をやっていて。普段、全然演劇なんて見た事ないのに、なんでそれを見に行っていたのか不思議なんだけど。
とにかくその舞台みたいなのを見て、舞台の次だったか最後の部分に、歌を演奏した人がいて、たしか男女の二人組だったと思うんだけど、なんかおっちゃんがギターで歌っていたんだ。女性はパーカッションだったかな。
また、その歌がきったない歌でね。まず日本語の発音がはっきりしていなくてよく聞き取れないんだけど、よくよく聞くとド下ネタなんだよね。おっちゃんもなんかねじりはちまきじゃないんだけど、なんかそういうひげもじゃの野生っぽい感じのおっちゃんなんだ。
女性を前によくこんなの歌うなぁ…とか考えちゃうくらい汚い下ネタを連発しているんだけど、何故だか段々それがおもしろく思えてきて、バカみたいにお客さんも爆笑していて、最終的にはちょっと感動するような雰囲気まで歌を通して作り出していて。

な、なんだこの人達!?すげーいいじゃん!!!って僕もなってて。

爆笑と興奮と感動の大団円を迎えて。
終演後、会場の外に出て、古民家の周りに飾られている提灯みたいな灯りを眺めながら、すごかったなぁ〜って噛み締めて、みんな大満足で演者に見送られながら会場を後にしようとした時に、MCでそのおっちゃんが「東北でのライブで…」みたいな事を言っていたのを思い出し、帰りにその人に話しかけてみて、僕は何故か手に持っていた「R」のチラシを渡したんだよね(「R」とは石巻で行われている大好きなイベント)。
「なんかオモシロイことが一緒に出来るかもしれないっすね」とか言いながら。「R」とこの人達も絡んでくれたらおもしろいなぁ…とか考えて。
それで帰り道、坂下のバス停かなんかに向かいながら歩いていたら、「R」のメンバーがちらほら先に歩いているのが見えて、彼らと合流しようと歩いて行ったところ…で、夢が覚めた。

なんか断片的に印象深い夢だった。