Mellow Symphony official blog

自分の写真
MUSIC AS MAGIC!! Singer Songwriter "Mellow Symphony". Welcome to Mellow Symphony's blog

2014/12/30

うどん

ブランチに昨夜作ったカレースープ(スープカレーではない)を温めていたら、ふと日本のカレーうどん屋さんのことを思い出した。
メロウのリハーサルの前後なんかにたまに行ったっけ。
紙エプロンなんかを支給してくれる、日本的なサービスのお店だった。
南新宿のスタジオでよくリハーサルしていたのだが、スタジオに行く途中にそのカレーうどん屋さんはあった。
ただでさえ、うどん好きの私にとって「かれーうどん」というのはちょっとしたパブロフ的にヨダレが出てくるくらい魔法の言葉である。
いいよなぁ、カレーうどん。

全然関係ないけど、同じエリアにラーメン屋もあってそこも何度か行った。
狭いながら割といつも人が入っていて、味もなかなか美味しい。初めて行った時に店員のおっちゃんがめちゃめちゃ険悪なムードで、オープンキッチンのカウンターの向こう側で店員同士で喧嘩していたのがなかなか印象的だった。

うどん好きが高じてか、トロントに来てから「would」の発音が難しいという日本人の助けが出来ている。
「うどんをどうにかカッコよく言えないだろうか」という謎の思いから自らが生み出した?発音は、限りなく「would」の持つWの発音と似通っていた。
おかげさまでカナダ生活で英語を喋る時に、あまりW発音については苦労していないように思う。

お母さん、ありがとう。(うどんをよく作ってくれて)

2014/12/19

ギターも英語も。

先日の話。
なんだか今週は特に音楽週間のようだ。急に予定が決まって月曜日のうどん屋さんでのライブに続いて、翌日はBarで演奏してきた。
友達のJodyが毎週火曜に主催しているOpen Micのイベント。先週も急遽穴が空いたところで代役を務めてきたのだが、その夜に彼らとセッションをして以来、Jodyがなんだか興奮して僕のギターを褒めてくれていた。
東京にいた頃に周りのみんなに鍛えてもらってきたものと、こっちに来てから練習していた成果が芽生えたのか、今週はなんとセッションギタリストとしての抜擢だった。
Jodyはオープンマイクを主催しているものの、箱には箱バンのようなものがいない。もし箱バンがあると、オープンマイクに駆けつけた演者が弾き語りのみならずバンドセットで演奏できるという、より気持ちのよい空間を演出できる。
Jodyはその(火曜日限定の)箱バンのギタリストになって欲しいということで僕に頼んできた。
僕も快く引き受けたものの、この話はそこまでにとどまらず、ジョディ本人も「バンドとしてレコーディングしたいんだ!手伝ってくれよ。」など結構テンションが上がっていた。

とにもかくにも、僕はギターをたくさん弾く機会を手に入れた。ふむ。

悪くない。

翌日の水曜日は、また別の友達、Janというシンガーソングライターのレコーディングプロジェクトにギタリストとして参加して欲しいということで出かけてきた。この話は予てから打診されていたのだが、録音の時期が延期に延期を重ね、当初は今年の夏だったものが、ようやく来年の初旬にレコーディングに取り掛かれそう…ということで、プリプロがてらJanともう一人サポートピアニストのDanと三人でアレンジしながらのミーティングをしてきた。
こちらはまた全然違うスタイルのソングライターだから、一緒に演奏していてとても面白い。またDanもとても音楽に造詣が深く、Janのイメージをバリバリ具体的に、音楽的に、さばいていく。
それを横でポーッと見つめつつも一生懸命リスニングするのだが、二人の早口とブリティッシュ混じりの語彙などにかなり苦戦して、帰り道に「聞き取れなかったー!」とへこたれながら帰った。

しかし、まぁ、これはいいことだ。
少しキツイのだが、それくらいでなんとか掴めるように頑張れば、いい事がたくさんありそうな気がする。
ギターも英語も。

悪くない。

恐れずに、飛び込んでいきたい。

(写真はセッションがあった日のBar)

2014/12/17

君の国はいいところかい?

自分の国が「良い」と「悪い」で無理矢理考えるとしたら、なかなか悪いというのは難しい。

みんな自分の育った環境、友達、家族、愛する人や場所、全てを国民は思い浮かべたりするだろう。
アイデンティティーを否定し切るのは難しい。

それでも、ダメなものはダメって言って認めないと、変えていけない。
そんな風に言って、行動していくのが政治家の本業であるようにも思える。

選挙をすることが決まって、キャンペーンが各種始まって、みんなの疑惑や思惑が色々あって、それで選挙が終わって、誰かの思惑通りになって、誰かの狙いが大きく外れたりして、

そうかと思えば、信任されたってことで、新たな行動に出はじめた総理や、それを今後の展開の象徴として危惧する人もいるだろう。

僕は一連の流れを、無力に見つめていた。
ごめん。

投票がもっと便利だったなら…って思う人も増えてきたんじゃないかな…


どうなる、日本。
どうする、日本。

2014/12/14

ライブやってきましたー

おう、そうだ。前回書いた時も雪だったんだ。
しばらく長い文章を書いていなかったな、Facebookページはしばしば更新していたんだけどね。
つい先日またドサッと雪が降って、結構積もっているんだよね。トロント。ちょっと溶けつつあるけど。

昨日はライブでした。トロントの北東に位置する「J-TOWN」という小規模な日本人街…というかショッピングモールみたいなのがあって。
その中にあるオシャレスナック的なお店、「Bar Chiaki」でのライブでした。クリスマスパーティーイベントということで、Japan Communications Inc.からのスポンサーのもと、生演奏を担当してきました。

来場されている方の98%くらいが日本人。それもこの国に長く働いていたり、しっかりとビジネスをやられている立派な方々ばかりで、そんな中でのアンプラグドライブでした。気分はまるで、「横浜辺りのクラブに間違って入っちゃった流しのあんちゃん…」というか。
まぁ、そんな気分を微塵も出さないように、シュッとした顔で、昨日はお客さんの顔も見ながら、パーティーの盛り上げに一役買えるように務めてきました。
カバーなんかも多めに歌ったりして、ちょっと完全に生音というのは久しぶりだったのですが…なんとか好評をいただけてよかったです。

すてきな写真がいくつかあるのでFacebookにアップしておこうかと思います。(撮影:Yoki Watanabe)