Mellow Symphony official blog

自分の写真
MUSIC AS MAGIC!! Singer Songwriter "Mellow Symphony". Welcome to Mellow Symphony's blog

2016/02/24

WIONI歌詞キャンペーン終了

爪を切った。
悪いものをそぎ落とすように、長くなった爪を切り、削り、ちょっとすっきりした気持ちになりながら何だか日々のことを思い出していた。
ここひと月くらいあっという間に過ぎていったんだけど、2016年がはじまってからの2ヶ月もあっという間に過ぎようとしている。

たくさんの機会を思い出している。
出会いの機会や別れの機会、そういったものから学びの機会、発見の機会、思考の機会、挑戦の機会、自分自身を解放する機会、創作する機会、与える機会などなど。
あっという間に過ぎていくと感じるほど、すでに色んなことが起きているんだろう、2016年。

結局ひと月くらいかけてアップロードした「歌詞キャンペーン」が終了し、WIONIを思い出す機会もひと段落。
聴いてくれるリスナーがいて、そういうリスナーがはっきり「聞いていますよ!」と言ってくれるということで、背中をおされるような気持ちになったりもする。
ありがたいじゃないか。

今年はあとどんな機会に出会えていけるかな。
WIONIを作った時に、毎日のように目黒川のほとりを自転車を押しながらヘッドフォンやイヤフォンでレコーディング中の作品を連日聴きまくっていたことを思い出す。
最近はそんな風な時間の掛け方をしようと考えていないけど、あの時得たものや得られなかったものを考えながら次のステップに繋げていきたいと思っている、いつもそう思っている。
理想の形があって、そのために必要なものがあって、その必要なものを得るために必要なものがあって、その必要なものを得るために必要なものを得るには必要なものが…ぶつぶつぶつ
そういう時に思考が止まりかける。

しっかりしなくちゃ。進めるために。

風邪にやられていた10日くらいの期間をようやく乗り越えたので、またどこかに歌いに行く回数も増やしていきたいと思う。
そこでまた機会の歯車がぐるりと動いたりもすると思うから。


2016/02/17

エンゲージ(Japanese Lyrics)


上手に踊るコに興味はないのさ
ぎこちなく奇妙に踏むステップ
波に揺れ 足もつれても
無邪気に笑う

今も残る傷は深くても
誰かに優しさ与える
忘れていたもの 取り返すのさ
全てを包み込む

その形は今見えているのか
視界は予想以上に暗い
答えなどないと気が付いたら
迷わず胸に描く

心が叫んだのならば
それが僕らのルートだ
戸惑いも嘆きも詰めて進む
いつだって僕らはそうだ

手を振り去るコに用はないのさ
僕らはもっともっともっと話したい
アツい気持ち分かち合うのさ
光が増しますように

その気持ちは今揺れているのか
暗闇は予想以上に深い
答えなどないと気が付いたら
止まらずに走ってゆく

心が叫んだのかどうか
それが僕らのルールだ
苦しみも痛みも詰めて進む
いつだって僕らはそうだ

ぎこちない世界はいつもそう
ここは僕らのダンスフロアー
疲れ果てるまで踊り明かそう
全てを包み込む
君と踊りたいのさ


We can dance!!!

2016/02/07

notebook(Japanese Lyrics)


恋をしたのは 20年前かな
あれからほとんどさ 変わっていないけど
動き出す電車 川の向こう側
わくわくするよな 歌いたくなるよな

Hello Hello... 呼ぶよ

旅をしたのは いつ以来だったか
大半シナリオは 決まっていないけど
空気がよかったり 温泉があったり
何でもいいよな 何処だっていいよな

Hello...
C'mon C'mon... 行こう

カネなら無くて問題ない
夜空に無限のスターライト スターライト
このままだって僕らは最高

陽気に手足鳴らして
騒ごうぜみんなで オールデイ オールナイト
今でもそうさ僕らは最高


僕らは最高

2016/02/04

Lullaby of Bubble(Japanese Lyrics)


ここには天使がいた 誰も信じないだろうけど
頭の上に輪のある 黒が似合うLover
向かい合えば愛が 優しい光をまとう
みんなが会いたくなる 地球に舞い降りた人

まるで未来など 何も見られないくらい
せまくて 少しの揺れも許せないくらい
遠くをずっと見ていた 僕に

「奇跡はある」
君を見て知った I know...

何も無いけど 小さな喜びがあった そこには
並ぶ二人の流れる川を 眺めて何度も笑った

あの日と同じ風吹いた
僕は風にまかせて 泣いた

ここには天使がいた 誰も信じないだろうけど
心に羽根の生えた 空に近いLover
向かい合えば雨が 突然晴れになろうと

不思議と信じたくなる 鳥のように自由な人

2016/02/02

何もない部屋(Japanese Lyrics)


何もない部屋で君と二人きり
そんな場面になったら 僕らはどうする
多分ずっとおしゃべりする
とても簡単な事 それはとても素敵な事

何もない部屋の中にギターだけあって
君と二人きりになったら 僕らはどうする
多分ずっとうたっている
お互いの好きな曲を順番にうたっている

何もないこの部屋にCDを持ち寄り
見付けた素敵な音楽と 僕ら二人きり
多分ずっと音楽聴く
「最高だね」ってつぶやいたり
思わず笑っちゃったり

二人で居られればそれ以外
要らない
君も同じように感じていたら
嬉しいな

何もないこの部屋は色んなものが増えて
今は何でもある部屋に君と二人きり
多分二人は何もせず
君の体温を感じる事だけをしていよう

何でもある部屋の中で

ぼく一人きり