Mellow Symphony official blog

自分の写真
MUSIC AS MAGIC!! Singer Songwriter "Mellow Symphony". Welcome to Mellow Symphony's blog

2016/06/12

丸3日抜き

先日のこと。
帰り道で、うっかり出先に携帯を忘れてきてしまっていることに気が付いた。
なくしたわけではなく、安全な場所に置いてきただけなのでまぁいいかなと思い、取りに戻らずそのまま放置することにした。
かくして、何年ぶりかの「携帯電話不携帯」を敢行することになった。そんな時、僕の頭のなかでは心なしかワクワクが溢れてくる。普段の生活をちょっと変えてみるだけでワクワクが得られるなんて素晴らしいじゃないか。
このテクノロジー時代に携帯電話を持たないというのはなかなかパンチが強い。10年くらい前ならかろうじて見つけることができた「わたし、携帯いらないんで持ってません」みたいな大人たちも、昨今では見つけるのは更に難しいんじゃなかろうか。もちろん、田舎に住むお年寄りなどは別だが、それとてかなり普及して多くの当時持っていなかったお年寄り世代くらいに、今なっているお年寄りは持っているんではなかろうか。

まぁ、その辺の統計はどこかに任せておくとして。


携帯がない生活。

デジタルデトックスとかなんとか呼ぶ人もいるらしい。溜まるもんでもないような気がするが。

さて、まぁ、結論から言うと大したことなかった。パソコンを使っていたからだろうか。(そう、PCは使っていた)

多分、本を読む時間は増えた。SNSに費やす時間が減った。音楽を聴く時間も少し減った。移動中、時間が分からなかった。仕事の連絡ができずに不便だった。

といったところか。

もしかしてSNSくらいだろうか、自分にとって良さそうな点になりそうなとこと言えば。無駄に時間を費やさないように使えばとても便利なツールだ。まぁ、無駄に時間を費やすためのツールみたいなもんかもしれないが。

それと移動中に音楽を聴くのが多いから、携帯はその辺で音楽を聴く部分を担ってもいるんだなということ。

こういう生活をした時に、生きれなくもないが多少不便を感じくらいのバランスの方が、テクノロジーと上手に付き合えているような気がする。

PCまでなかったら、違ったろうなぁ。


テクノロジー時代の権化のような携帯電話(もちろん、まだPCが残っているけど!)。あなたなら、その欲望に打ち勝ち、テクノロジーの主人となることができているだろうか。


2016/06/06

新曲「A Little Prince」について、強力なサポーター。

6月1日にリリースした新曲「A Little Prince」

なんかもとの曲は随分前にできていたんだけど、(例により?)なかなか仕上げまで持っていけず、うじうじしているところで、ようやく進めるためのアイディアが浮かび、ほぼ完成へと近づいたところで今度はタイミングが悪く、なんだかリリースできずに日々が過ぎ。そんな風にして4月、5月を過ごしていた。
5月が終わるときに、自分にとって節目のタイミングであることに気がついた。そうか4年になるんだった。この国で、やれることやってみよう。あの時のまま同じ環境に生き続けるなら、違うこと、やりたかったことやってみよう。そんな風にして、降り立ったトロントの地。それから4年。
なんとか今でも生きている。どうだ、生きているぞ!
やりたいと思ったことやりながら、しょっぱい思いもしながら、それでも成長しつづけようって少しずつ何か探して、学んで、試して、人と出会って、話して、嬉しい思いも悲しい思いもして、日常の喜びを噛み締めたりもしながら、いつも音楽と一緒にあって。生きている。

そんなことを考えていたら、「今なんじゃないか」と思った。この曲に詰め込んだメッセージ「君にあえてよかった」そういう思いは、今の節目ととてもリンクした。生きてこれたのはたくさんの出会いがあったから。人に出会って、助けてもらって、気持ちとかそういう色んなもの交換してきたから。そう思ったらなんとかここで仕上げたくなって、そこからぐわーっと詰め込んで、完成まで持っていった。
相変わらず自分の勉強不足や、技術不足の側面でぐしゃぐしゃと思う部分はあるにせよ、今回は素敵な協力を2人のアーティストから得ることができて、いい形に持っていけたと思う。

ピアノとオルガンを担当してくれたSibはシンガーソングライター。以前にもブログに書いたことがあるが、彼はとにかくとてもイイやつで、何か不思議な力を持っているやつで、好きな男だ。テクノロジーの力を借りて、遠くベルリンから力強くも軽やかでユーモアのあるサウンドを届けてくれた。

ジャケットは自分でデザインしたのだが、端っこに森に座る感じで小さな男の子がちょこんと座っている。このイラストは先日動画用に楽曲を提供したイラストレーターminさんによる作品だ。以前にひょんなことからこのイラストを描いていただくことがあり、キープしていたのだが「この節目にリリースしよう!」と決めた日に僕の好きなトロントの景色を撮影し、その写真と組み合わせて使った。

楽曲については前回同様、投げ銭ダウンロードの形式をとっているので、0円からダウンロードができるようになっている。
英語のサイトに馴染みのない人にはちょっと分かり難いかもしれないのでまた改めて(以前にも載せたけど)今度ちょっとした手順でも載せてみようかと思う。
※ちなみに前回載せたダウンロード手順はコチラ