Mellow Symphony official blog

自分の写真
MUSIC AS MAGIC!! Singer Songwriter "Mellow Symphony". Welcome to Mellow Symphony's blog

2017/11/22

もう一つ遭遇した出来事

引き続き先日のトロント滞在中のお話。

バスに乗って移動していた日の出来事。
運転手は陽気な方で、乗車してくるお客の一人一人に挨拶をしている。場合によっては声をかけて冗談を飛ばしたり、車内がいい雰囲気に包まれていた。

とある停車場から若い青年が乗ってきた。
彼が運賃を支払う(支払う場所は運転手の真横にある)と運転手が何やら彼に話しかけている。
僕は後方に座っていたため、遠くてよく聞こえなかったが何やら「……次に乗るときは6ドル払って……」とかなんとか話していた。通常の料金が3ドルくらいだから、それの倍くらい?なぜだろう支払ったお金が足りなかった罰則的なものなのだろうか?

口頭でそう言ってはいたものの別に違反のチケットを切るわけでもなし、それで乗車拒否せずに乗せてあげている時点で既にある程度「優しい」のだが、陽気だった運転手さんも怒った雰囲気で青年(もしくは少年か?多分10代だろう)に話していたから、察するに青年は何かしら「してはいけない事」をしたのだろう。

その彼が乗車してしばらくすると、車内の真ん中辺りに座っていた貴婦人が立ち上がった。

降車するのかと思いきや、貴婦人は先程の青年の方へ近付いて行き、片手に握っていた5ドル紙幣を差し出した。「必要だったらコレを使いなさい」とみたいなことを彼に言ってお金を渡し、貴婦人は席に戻った。

僕は「うわあー、トロントってこういうとこだったかも」などと思い出すように心の中で叫びながらただただ感心していた。

青年はお金を受け取りながらも少し驚いた様子でお礼を言っていた。

彼は降車する際にも再度貴婦人にお礼を言って降車していった。


青年が何をしたのか知らない。
貴婦人がお金持ちなのかそうじゃないのか、どういう理由でそれをしたのか、もちろん知らない。
その後青年がどんなお金の使い方も知らない。


でもそういうことが無くても、とにかく起きたその出来事に僕はとても大切なことを見せてもらったような気がした。

0 件のコメント:

コメントを投稿